借入限度額

借入限度額って何でしょう?

 

家を買う時などの特別な場合を除き、自分の年収の何倍ものお金を借りる事はほぼ不可能です。
それぞれの年収に応じた借入限度額というのもがあります。
借入限度額は、金融機関があなたに貸してくれるお金の総額です。
10万円が借入限度額の人もいれば、300万円まで借りられる人もいます。
貸金業法によって総量規制というものが導入され、それによって借入限度額が決まるのです。

 

年収の3分の1以上の借入は、原則として禁止となりました。
例えば、年収300万円の人は100万円が借入限度額となるのです。
ただし、現実的には、限度額いっぱいまで借りられるかは別問題です。

 

借入限度額を決める総量規制には、自動車ローンや住宅ローン等は除外されます。また、銀行でのカードローンも除外されるので、覚えておくと便利でしょう。基本的に総量規制による借入限度額が適用されるのは、消費者金融などでのキャッシングだと言えます。
反対に銀行からのキャッシングやカードローンではこの総量規制は除外されますので、総量規制を超えてでも借入がしたいのでしたらこのまとめサイトでオススメのカードローンを探してください。

 

クレジットカードでのショッピングには総量規制は適用されませんが、クレジットカードでのキャッシングは総量規制の対象になってしまいます。クレジットカードでのショッピング枠は、年収だけではなく返済実績等も反映され増額される事もありますが、クレジットカードのキャッシング枠は年収が上がったという証明をしない限り、返済実績があっても借入限度額が拡大する事は無いと思っておきましょう。

 

ここまでの説明を聞いて面倒だと思う方もいるでしょうが、実はこの総量規制に関係なく借入を出来るのはオリックス銀行カードローンになります。
このオリックス銀行カードローンとは大手の銀行であるオリックス銀行が提供してくれているハイスペックなカードローンになります。

 

また、オリックス銀行カードローンは最短で即日融資も可能で今までの銀行カードローンの審査時間が長い等のデメリットもないのです。

 

借入限度額の目安って何?

 

借入限度額の目安は年収の3分の1と言われています。
消費者金融は貸金業法に基づいて、ほぼ全ての会社が借入限度額の目安を超えての貸し出しはしていません。
また、借入限度額の目安は一社での借り入れではなく、他社も含めての上限となっています。

 

例えば、年収300万円の人の借入限度額の目安は100万円ですが、既にアコムで50万円を借りている人の場合、プロミスに行っても50万円までしか借りられないという事です。もちろん、借入限度額の目安までなら必ず借りられるという保証ではないので、プロミスの審査・判断によっては20万までしか借りられないという事もあります。

 

消費者金融ではない、銀行等のカードローンでは総量規制が適用されません。
しかし、銀行等でも基本的に借入限度額の目安は収入の3分の1となっています。

 

それは、借り入れを行う人が、現実的に負担が少なく返済できる額だと言われているからです。
ただし、銀行は借入限度額を厳しく規制されている消費者金融とは違うので、他の要素も考慮してくれます。
銀行系のカードローンでしたらやはりオリックス銀行が審査も柔軟に対応してくれるし300万以内でしたら収入証明書も必要ないのでオススメですね!
更に詳しくオリックス銀行カードローンの評判を確認するなら、この口コミサイトがいいでしょう。

 

借り入れを希望する人の仕事や収入だけでなく、過去の返済の実績や、現在の借入状況と資産の有無等によって、やや柔軟に対処してくれる傾向があります。しかし、借り入れ限度額の目安は、借り入れる人の負担を減らす為ですから、基本的にそのれに準じて借り入れと返済を行うようにしましょう。

 

銀行カードローンでは在籍確認を免除することは不可能ですが、消費者金融の在籍確認なら意外と容易に免除出来ることは知っていますか。
今回ご紹介するサイトは、在籍確認が不安で会社や親にバレることが気になっていてお金を工面できない人にはこのサイトがお役にたつでしょう。

 

借入限度額は年収で決まります

 

借入限度額は年収によって左右されます。

 

今までも借入限度額という概念はありましたが、それは各金融機関や消費者金融が、年収や他社の借入状況等から独自に設定する事が可能でした。しかし、いくつもの金融会社からの返済に追われ、返済の為に借金をするという多重債務に陥る人が多くなってしまう事から、借り入れの合計額を規制するという動きが起こり、総量規制という形で導入されました。

 

貸金業法での総量規制という決まりでは、借入限度額は年収の3分の1を原則とする、と決まっています。
例えば、年収600万の人であれば、200万円まで借金が出来ますが、A社で50万・B社で100万円借りている場合、C社で100万円を借りる事は出来なくなったのです。
この面倒な総量規制に左右されずにお金を借りることができるのはオリックス銀行カードローンになります。

 

また、借入限度額はあくまでも限度(上限)ですから、限度額いっぱいまで借り入れ出来るという事ではありません。
各金融機関の審査によっては限度額以下でも、融資をしない場合もあります。

 

借入限度額を年収によって規制する事は、多重債務者や、借り入れで返済をする自転車操業を防ぐのに、一定の効果があると言われています。また、銀行でのカードローンは総量規制が適用されない事、住宅ローンや車のローン等では、商品価格自体が多くの人にとって年収の3分の1以下である事がほとんど無い為、総量規制からは除かれる事を知って多くと便利です。

 

総量規制と同じくらい皆さんが慎重になっている在籍確認とは何なんでしょうか?
大手のプロミスでは、簡単な書類をそろえるだけで在籍確認なしになることもあるのですから人気があって当たり前ですよね。

 

借入限度額の計算方法は?

 

借入限度額は総量規制によって計算され、自然と決まってしまいます。
単純に借入限度額を計算したい場合は、年収を3で割った数字だと思えば、ほぼ間違いのない目安だと言えるでしょう。
借入限度額は、各金融会社での借入限度額ではなく、各金融会社での借り入れ合計額で計算します。

 

例えば、年収300万の方が、プロミスで50万借りている時は総量規制に引っ掛かりません。
しかし、さらにアコムで50万円を借りた場合、借入限度額100万円に達してしまいます。

 

その状態でC社に申し込んでも、総量規制に引っ掛かりますから、借り入れする事は不可能なのです。
もちろん、プロミスの借金を完済すれば、アコムに50万の借入が残っていても、C社で50万までなら借入する事が可能になります。

 

ただし、借入限度額以下だからと必ず借りられるかと言うと、そんな事も無いので注意しなければなりません。
借入件数が多いと、信用が低いと判断されてしまう事もあります。

 

借入限度額は、消費者金融にてきようされるので、銀行でのカードローンには適用されません。
しかし、銀行のカードローンはもともと審査も厳しく、自然と借入限度額の計算と同じくらいの額か、それ以下になる事が多いでしょう。

 

お金を借りる時は、自分の収入と返済についてきちんと計画して、無理のない範囲で行いましょう。
これら注意事項を理解したうえで即日融資が出来るキャッシングを利用するのは生活を豊かにすることが出来ます。
現在では多くの金融業者が来店不要で即日融資が受けられるカードローンを比較!しているので参考までに覗いてみてください。

 

住宅ローンとキャッシングの借入限度額は違う?

 

家を買った方やマンションを所有している方は、住宅ローンを抱えているという場合がほとんどです。マイホームの為の住宅ローンは、総量規制は適用されず、借入限度額とは別の計算になります。住宅ローンの場合、貸金業者から借りている借金とは違うと見なされるのです。

 

例えば、2000万円の住宅ローンを組んでいたとしても、総量規制が適用されない為、消費者金融などでキャッシングをする事が可能です。住宅ローンとは無関係でも、もちろん総量規制は適用されますから、年収の3分の1までが、原則的な借入限度額として適用されます。住宅ローンがあってもどうしても急にお金が必要な時というのはありますから、消費者金融などが利用出来るのは、とても助かると言えます。

 

消費者金融のほとんどが即日融資に対応してくれていますが、数多くある消費者金融の中どこの業者を選んでいいのかわからないのでしたら、コチラのサイトで即日融資が出来るカードローンを探してみてください!あなたにピッタリなカードローンが必ず見つかりますよ。

 

とはいえ、住宅ローンを抱えている場合では、実際の借入可能額は総量規制での借入限度額よりも少し低く設定される傾向があるようです。自分の年収の3分の1までなら借りられるはずと勝手に思い込んでしまわずに、各金融会社の審査をきちんと受けてから、借り入れる額を計画的に決めましょう。

 

住宅ローンの支払いも、各金融会社の支払いも、何度も遅れてしまうと要注意人物としてチェックされますから、借入限度額までなら大丈夫等と楽観的に考えず、きちんと返済計画を立てましょう。

 

本当にお金に困った場合、その事実をそのままにしておくと傷口は広がるばかりです。
お金を借りる方法は多種多様!お金を借りる|今すぐお金が必要なら来店不要のネット申込みが便利
このサイトでは多種多様なお金の工面の仕方をご紹介してあるので参考にしてみてくださ。